NIHON KOGEIKAI
第22回 東海伝統工芸展
入賞作品解説


7-00055-222-022-00170

中部近鉄賞 (東海伝統奨励賞)
七宝花器
打田世道

 この花器は、胴回りに4本の稜線を設け、稜線上及びその間の凹面に植線するという難しい技法が使われており、研磨等も含め作者の技術力の高さを伺い知ることができます。
 濃紺の地に淡く浮き出た文様は、控えめに表現され、それが花器の形の美しさをより際立たせています。全体に調和のよくとれた佳品です。

(第22回 東海伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1991