NIHON KOGEIKAI
第22回 東海伝統工芸展
入賞作品解説


1-00699-222-022-00177

松坂屋賞(東海伝統奨励賞)
省胎七宝睡蓮文花瓶
佐藤升子

 銀線を使った、いわゆる有線七宝の技法で完成させたのちに、胎でもある銅素地を酸で腐蝕、消失させ、七宝釉薬と銀線だけを残したものを、省胎七宝といいます。釉薬は、透明釉を使いガラスとは違った、やわらかい質感が特色です。
 この作品は、睡蓮の花と円い葉が、全体にバランスよく配され、抑えめに施された色彩も申し分なく、たしかな技術と感覚が、見事に表現された佳品になりました。

(第22回 東海伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1991