NIHON KOGEIKAI
第23回 東海伝統工芸展
入賞作品解説


2-00260-222-023-00107

丸栄賞(東海伝統奨励賞)
風通織絣着物「鄙の四季」
薦田綾子

 織絣は、染め分けの絣と異なり、色の違う糸で二重織りをすることにより絣文様を表します。たて糸とよこ糸の組合せ、表裏を転換する間隔の変化で、無数のパターンを生み出すことが出来ます。
 作者は知多の手織木綿を伝承・研究するグループに属しながら、独自に古い資料から織絣に取り組み、その成果の一つとして、この作品を制作されました。
 いろんな文様を、まるでパッチワークでもするように、楽しみながら織り進んだ作者の気持ちが、素直に伝わってきます。

(第23回 東海伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1992