NIHON KOGEIKAI
第26回 東海伝統工芸展
入賞作品解説


1-00669-222-026-00003

中部近鉄賞(東海伝統奨励賞)
銅彩葛紋花器
李 泰永

 自然をしっかり描写した後、構成段階で細部を整理し、おおらかで勢いのある筆使いで描かれた「葛」。
 土の肌色がわずかに透ける釉薬を用いて素材感のある地を創り出し、花と葉の色を逆転させた、青い花と赤い葉。地・青・赤の色調、色彩の面構成が絶妙で、鉄の描線も確かな描写力を感じさせます。  これらを空間が充分に生かし、作者の持つ伸びやかな感性で表現されている佳作です。
 自然への追及、描写力・構成力、顔料・釉薬・焼成の研究、それぞれに昨年の受賞から進展が見られます。
 今後の更なる展開を期待します。

(第26回 東海伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1995