NIHON KOGEIKAI
第27回 東海伝統工芸展
入賞作品解説


1-00426-222-027-00014

安藤氏賞
南瓜文大皿
太田公典

 朝露の残る疎菜畑。天に向って半開きの葉が露玉を弾ませている。゛つる″は右へ左へと伸び、足を踏み入れるのも容易ではない。そんな夏の情景を、みずみずしく伝えてくれます。
 遠来の呉須絵具を使いながらも、職人的にならずにムラを残した大胆な染め付け方は、昨年の受賞に引き続く作者独自の感性です。
 今後も、のびやかな気持ちで対象物と取り組んで、新しい染付けの分野を切り拓いていって欲しいものです。

(第27回 東海伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1996