NIHON KOGEIKAI
第27回 東海伝統工芸展
入賞作品解説


1-00279-222-027-00075

名古屋市教育委員会賞
鉄釉縞文花器
久田重義

 作者は、長年にわたり鉄釉と取り組んで作陶をしています。
 この作品は、まず一度鉄釉で黒く焼き、再び異種の鉄釉で帯状に釉彩を施して焼成しています。藍染の縞文様にひかれてヒントを得たというその文様は、デリケートな濃淡で描かれています。器の端に向かって伸びゆく文様は、あたかも中空に光が差すようであり、清らかな静寂を感じさせます。
 今後の作品がどのように展開するか楽しみです。

(第27回 東海伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1996