NIHON KOGEIKAI
第27回 東海伝統工芸展
入賞作品解説


5-00213-222-027-00141

愛知県知事賞
朴造角切飾箱
宍戸英介

 指物の技法で老木材を用いた、台合わせ被せ蓋造りの木臘仕上げです。
 素材は、樹齢数百年の朴の大樹です。虎斑の杢理が示すように、木の自重で表側の材にしわができ、それを削ることで木肌と光の屈折で模様が表れてきます。
 杢理の美しさをそこなわないように、形はできるだけシンプルな直線でまとめ上げ、冷たくならないようにわずかに湾曲させてあります。
 甲板の四角はかすかなへこみで変化をつけ、高台は縞黒檀の黒でひきしめています。作者の永年の修練と、造形感覚がうかがえる優品です。

(第27回 東海伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1996