NIHON KOGEIKAI
第28回 東海伝統工芸展
入賞作品解説


2-00241-222-028-00115

東海伝統奨励賞(静岡伊勢丹賞)
木綿着尺「紅葉」
加藤弘次

 本来真直ぐなはずのたて糸が、ゆらゆらと曲線を描いています。「よろけ縞」を織物で表現するには特殊な技術が必要です。3年程前から「よろけ縞」の研究を始めた作者は、毛織物から手織木綿の世界に転身した人です。今回は、エジプト綿の細番手の糸を用い、しなやかで張りのある地合いを出しています。
 冬青(そよご)で染めたピンクベージュを中心に、明るい色調でまとめ、艶のある作品が誕生しました。

(第28回 東海伝統工芸展図録より)



受賞作品一覧へもどる


表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1997