NIHON KOGEIKAI

第15回 伝統工芸新作展

平成 4年(1992年)

平成13年 3月 2日更新


第15回 伝統工芸新作展 開催要項


1.趣旨

  日本工芸会山口支部会員の新作を展示し、会員相互の研鑽を図るとともに、
  広く県民に紹介し、もって県民文化の向上に資する。

2.主催

  (社)日本工芸会山口支部・(社)日本工芸会・朝日新聞社・NHK山口放送局

  朝日カルチャーセンター

3.後援

  文化庁・山口県教育委員会

  (下関会場)下関市教育委員会

4.期日及び会場

  平成 4年 4月24日(金)〜 5月 5日(火)11日間 山口県立美術館(4月27日・月・休館)

  平成 4年 6月 4日(木)〜 6月 9日(火) 下関大丸

5.出品者

  日本工芸会山口支部会員が実行委員会が推薦する者

6.出品規定

  会員1人1点以上3点(ただし、第4部会及び第7部会員は、2点以上3点まで)

  実行委員会が推薦する者 1人2点

  伝統工芸の特性を生かし現代生活に直結する作品で、工芸として格調高いもの。

  未発表作品に限る

7.審査及び審査委員

  非公開として会場で行う。4月22日(水)

      審査員 乾 由明(美術評論家)
          南 邦男(工芸評論家)
          今泉今右衛門((社)日本工芸会常任理事)
          河野良輔(山口県立美術館長)

8.賞

  第15回記念大賞(文化財保持者は対象外)
  第15回記念準大賞(文化財保持者は対象外)
  (社)日本工芸会山口支部長賞
  朝日新聞社賞
  NHK山口放送局賞
  朝日カルチャーセンター賞
  (社)日本工芸会山口支部長奨励賞
  朝日新聞社奨励賞
  下関大丸賞

 賞の対象
 1,文化財保持者は全ての賞の対象から除く。
 2,大賞、準大賞の対象は、常任理事、幹事、正会員、準会員、研究会員及び会員以外の出品者とする。
 3,支部長賞の対象は、正会員、準会員、研究会員とする。
 4,朝日新聞社賞、NHK山口放送局賞、朝日カルチャーセンター賞、下関大丸賞の対象は、正会員、
   準会員、研究会員及び会員以外の出品者とする。
 5,支部長奨励賞、朝日新聞社奨励賞の対象は、準会員、研究会員及び会員以外の出品者とする。

9.入場料

  (山口会場のみ)大人 300円、高大生 200円、小中生 100円

10.顧問

 顧問 河野良輔
 幹事 三輪休雪
    坂田泥華

11.実行委員

幹事長 大和保男
常任幹事 堀尾信夫
幹事 波多野善蔵
幹事 大野孝晴
幹事 三輪榮造
萩地区 岡田 裕
長門地区 新庄貞嗣
長門地区 坂倉新兵衛
山口地区 大和祐二
山口地区 大和信昭
防府地区 大井正則
下関地区 下井唯石
下関地区 日枝敏夫
金工部会 山本 晃

12.事務局

  山口市滝町1−1 山口県教育委員会文化課内 (社)日本工芸会山口支部



表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1992