NIHON KOGEIKAI

陶芸

平成14年 5月17日更新


陶芸の用語解説


 赤絵(あかえ)

 酸化第二鉄(紅殻)、酸化銅などによる発色の上絵具または赤色を主とした多彩の
 上絵付(うわえつけ)の技法。

    作品例:酒井田柿右衛門 濁手柊南天文器


 印花(いんか)

 模様を小さな型に彫り、胎土の軟らかいうちに押し付ける技法。

    作品例:壺井義統    魚紋壼


 影青(いんちん)

 白い磁器質の素地に淡い青みを帯びた透明釉を施したもの。彫った部分に溜まった釉が
 青く見えるところから「影青」と呼ぶ。

    作品例:久保田厚子   青白磁縞文様大皿
    作品例:相馬 晃    青白磁縞花瓶


 掻落し(かきおとし)

 素地に絵の具や釉薬または化粧土を塗り、後に文様や地を掻き落とす技法。

    作品例:甲斐 一    刷毛目掻落し草実文組鉢


 交趾(こうち)

 白土による堆線(ついせん・盛り上げた線)で文様を描き、一度焼締めた後、
 黄・紫・緑・茶等の色釉をそれぞれ施し、低火度で焼成したもの。

 火色(ひいろ)

 信楽焼等の焼締め陶の器面の鉄分が炎の作用により酸化して赤くぼかし状に
 焼成された状態。「緋色」とも書く。

    作品例:加藤 肇    炎色壼
    作品例:山本竜一    備前緋襷広口花器

 練上(ねりあげ)

 二種類以上の色の違う土を層にして成形する技法。

    作品例:松井康成*   練上玻璃光壺
    作品例:伊藤赤水    無名異練上花紋鉢


(*:重要無形文化財保持者)



表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1998