NIHON KOGEIKAI

木竹工

平成14年 5月17日更新


木竹工の用語解説


 指物(さしもの)

 箱や家具など、板材を組んで作る技法。

    作品例:中川清司   神代杉木画手箱
    作品例:山根寛斎   欅笹杢十角箱


 挽物(ひきもの)

 円形の椀、棗(なつめ)、盆など、一木を轆轤(ろくろ)で挽(ひ)く技法。

    作品例:川北良造*  欅造盛器
    作品例:水上荘詠   欅造タイ瑁瑞嵌胡蝶舞彫三段重

 曲物(まげもの)

 針葉樹の薄板を曲げて器物などを作る技法。


 刳物(くりもの)

 盆、器など、鑿(のみ)や彫刻刀で刳(く)って器物を作る技法。

    作品例:中臺瑞真*  桐菱花弁筥
    作品例:宮本貞治   楓漆塗流紋盛器

 木象嵌(もくぞうがん)

 器物に異なった材料を嵌入、充填して、文様を表わす技法。木画といわれる技法の一つ。

    作品例:大坂弘道*  黒柿蘇芳染唐花文嵌荘箱
    作品例:新田紀雲   紫檀木象嵌飾箱

 神代杉(じんだいすぎ)

 長年の間、水や土の中にうもれていた杉材。

    作品例:反保信夫   神代杉木彩文飾箱
    作品例:土本内浦   神代杉網代組子文短冊箱


    竹の種類は世界で47属1200種、日本で15属600種以上あるが、
    竹工芸の本筋は「真竹(まだけ)・苦竹(にがたけ)・女竹(めだけ)」、
    「淡(は)竹」に限られる。


 丸竹(まるたけ)

 竹稈(ちっかん)を輪切りにしてそのままの形で器物を作る技法。


 編組(へんそ)

 竹稈を切り、割り、剥(は)ぎ、削りなどして作り出された竹ひごを編んだり組んだりして、
 花籃(はなかご)、盛籃(もりかご)などを作る技法。

 編:

    作品例:市川竹穂   松葉文八角盛籃
    作品例:柳下昌峰   亀甲文盛籃

 組:

    作品例:前田竹房斎* 花籃「萌生」
    作品例:早川尚古斎  透菱文筏組盛物籃



(*:重要無形文化財保持者)



表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1998