NIHON KOGEIKAI

人形

平成14年 5月17日更新


人形の用語解説


 桐塑(とうそ)

 桐の挽粉を糊で粘土状に練ったものを素材とし、かたちを作る技法。
 胡桐塑(ことうそ)は桐粉と、楮(こうぞ)・パルプ等の繊維を加え練り込んだもの。

    作品例:林 駒夫   「當麻」木芯桐塑布紙貼
    作品例:今西敏子   「遙」木芯桐塑紙貼


 張抜(はりぬき)

 粘土で原形を作り、型取りした石膏(せっこう)に和紙を内張りして抜き、乾燥、接着の後、
 胡桐塑等でかたちを整える。仕上げは、胡粉塗のほかに和紙貼り、布貼りなどがある。

    作品例:岡 弘美   「うつろい」張抜紙貼
    作品例:黒川和江   「銀河」張抜胡桐塑


 陶胎(とうたい)

 粘土で原形を作り、型取りした石膏に陶土で形を抜く。これを高温の窯で焼きしめ、彩色する技法。


 木目込(きめこみ)

 素地に溝を彫り、布、皮などをその端にてはめ込む技法。

    作品例:秋山信子*  「潮音」木芯桐塑布紙貼
    作品例:三門靖子   「街あかり」木芯桐塑布貼


(*:重要無形文化財保持者)



表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1998