NIHON KOGEIKAI

その他の工芸

平成14年 5月17日更新


その他の工芸の用語解説


 宙吹きガラス

 ステンレスや鉄のパイプに、坩堝(るつぼ)の中の溶けたガラスを巻取りパイプを回転させ続け、
 息を吹き込み膨らまし成形する技法。


 パート・ド・ヴェール(ガラスの練り粉)

 糊で練った色ガラス粉を鋳型の中につめて炉へ入れ、ガラス粉を熔融して、
 型どおりの器物を作る技法。

    作品例:石田知史   パート・ド・ヴェール組皿「朝清水」


 切り子(カットガラス)

 ガラス器の表面を、高速で回転するグラインダーのような機械にガラスを押当てて
 動かしながら文様を削りだしていく技法。

    作品例:渡邊 明   被硝子切子鉢
    作品例:白幡 明   十六菊繋紋花瓶「燦」


 サンドブラスト

 粘着テープでマスキングし、その上からコンプレッサーで圧搾空気を送り金剛砂を吹き付け、
 文様を表す技法。

    作品例:柴崎安弘   サンドプラスト花器「色づく日々」


 グラヴィール

 小さな銅製または、石製のグラインダーを使って、透明なガラス器の表面に文様を彫り込み、
 浮彫りの効果を出す技法。


 截金(きりがね)

 数枚合わせた金箔を、竹刀で細く線状または丸や菱形、三角形に切る。
 それを筆先で扱い接着剤にて貼り合わせ、文様を描き表わす技法。

    作品例:江里佐代子  截金八角筥「しらべ」
    作品例:高瀬孝信   截金幻想花文短冊箱


 七宝(しっぽう)

 珪石粉、鉛丹、アルカリ原料などの原料を1200度前後の坩堝(るつぼ)の中でガラス化し、
 それを粉末にした釉薬を銀、銅などの金胎に800〜900度で焼きつける技法。

    作品例:長谷川房代  有線七宝飾筥「花逍遙」
    作品例:山中佐智子  省胎七宝壼「水玉の調べ」


 撥鏤(ばちる)

 象牙を成形・染色し、表面に文様を線彫りし、彩色を施す技法。
 彫り技法の一つ撥彫(はねぼり)の「撥」と、多種多様な文様を鏤(ちりばめる)の
 「鏤」の文字を合わせて「撥鏤」と名付けられたものと思われる。

    作品例:吉田文之*  撥鏤装身具「夜空の白鳥」


(*:重要無形文化財保持者)



表紙へもどる

製作著作
社団法人日本工芸会
1998